血管のアンチエイジング

血管に注目したアンチエイジング

血管の機能がエイジングにより低下すると、身体全体の細胞の活動が低下して全身のエイジングが誘発されてしまいます。そんな血管の老化を防げる方法は、動脈と静脈によって大きく異なる点には注意が必要です。
動脈のアンチエイジングのポイントは、高血圧や脂質異常、糖尿病などの生活習慣の管理にあります。具体的には塩分を控えたり、睡眠時間をしっかりと確保したり、禁煙するなどが効果的です。一方で、静脈のエイジングは動脈と違って高血圧や脂質異常、糖尿病と特に関連性はありません。代わりに重要になるのは弁を壊れないようにすることで、血管を極端に拡張しないように、また血液が血管内に溜まらないようにすることが重要です。そのため、水分を十分とって脱水状態になるよう心がけるのが効果的と言われています。”

毛細血管が老化を招く

  • 2020.08.17

加齢とともに減る毛細血管 毛細血管は、全身の血管の約99%を占めるとされており、その長さを合わせると約10万kmにも及びます。身体のすみずみまで張り巡らされた毛細血管は、約37兆個ある全身の細胞に酸素や栄養素を届けたり、老廃物を回収したりするなどの重要な働きを担っています。 しかし、毛細血管は髪の毛の10~20分の1ほどの細さしかないため非常にデリケートな血管です。そのため、体内環境の変化によって […]