歩いて痩せよう

汗をかけばやせるの?

汗が頻繁に出るとことによって「なんだか痩せた気がする」と錯覚してしまいがちですが、汗をかくことはイコール痩せることにはつながりません。
汗はもともと体温調節のために働いているものになるので、肥満の人は通常の人より汗をかきやすいですし、更年期になるとホルモンのバランスが崩れて汗が出やすくなる場合もあります。
人間の6割~7割は水分でできているため、汗をかくと体重が減って、まるで汗をかいたことで痩せたように思ってしまいますが、失った水分は補給することによって元の体重に戻りますし、体重を減らしたいからといって水分を補給しないと脱水症状になってしまいます。このように汗をかくことと痩せることは直接的な関係はありませんが、汗をかくことによってダイエットに良いことはあるので、汗をかくことは必要だと思います。

体内の有害物質を排出する汗

体内の有害物質を排出する汗というのは、人間の体の中にある微量な有害物質が汗を出すことで排出されていく、ということです。
この有害物質とは主に重金属のことをいい、食べ物や飲み物に微量ながら含まれていて、それが体内で蓄積することにより脂肪が燃焼しにくい痩せにくい体になっていることがあります。
そのため、必ずしも汗をかくことがダイエットと全然関係ないともいえないのです。無理に汗をかく必要はありませんが、運動やサウナでさわやかに汗をかくことは脂肪燃焼に一役かってくれているので、こまめに水分補給をし、いい汗をかいてください。

綺麗に痩せたい最新ニュース

インプラントを仙台で
仙台市若林区にある歯科医院、村上歯科医院
http://www.mkami-dental.com/

Copyrightc 2010 歩いて痩せよう All Rights Reserved.