歩いて痩せよう

有酸素運動と無酸素運動

運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」の2種類があり、基礎代謝を上げるためには運動による筋肉トレーニングが有効です。
しかし、運動というと脂肪を燃焼させるための有酸素運動を耳にするとことが多いと思いますが、実はこれだけでは基礎代謝を上げることは難しいのです。
どちらも、ダイエットのためには必要な運動になります。
無酸素運動は、基礎代謝を高め、太りにくい体を作る運動です。ダイエットというと、脂肪を燃やす有酸素運動を思い浮かべる人も多いかと思いますが、有酸素運動だけでは、筋肉が落ちてしまう可能性もあるのです。
筋肉は基礎代謝を高めるために必要なものになるので、筋肉が落ちれば太りやすい体になってしまいます。
無酸素運動では、酸素ではなく、筋肉に貯めておいたグリコーゲンを使います。短時間の運動ですが、筋肉を鍛えることができる運動になり、陸上の短距離走や、ダンベルを使った運動が無酸素運動といえます。
有酸素運動は、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどのように、継続的に十分な呼吸を確保しながら酸素を消費する運動で、体脂肪を燃やす運動になります。
脂肪を燃焼させるためには、十分な酸素が必要なので、息が切れてしまうほどの激しい運動だと、脂肪は燃えてくれません。脂肪が燃え始めるのは、有酸素運動を始めてから約20分後と言われています。
ただ、日頃運動していない人は、15分程度からはじめて、少しずつ運動時間を長くしていく方がいいと思います。有酸素運動は、無理なく続けることが大切なのです。
無酸素運動で基礎代謝を高めた後、有酸素運動をして脂肪を燃やす、という方法で効率よくエネルギーを消費していきましょう。

綺麗に痩せたい最新ニュース

青森のインプラントなら
青森のインプラントなら官庁街歯科へご相談ください!
http://www.implant-center.jp/
FX取引ならみんなのFX
初心者の方も安心してFX取引を始められます
min-fx.jp/
ダイビングショップならこちらで!
豊富な種類のダイビング器材があるショップはこちら!
http://www.aqros.co.jp/

Copyrightc 2010 歩いて痩せよう All Rights Reserved.